優先順位を定めることがカギ

分譲マンションの良し悪し

優先順位を定めることがカギ 分譲マンションはどうだろう。
もちろん、家を購入するとなったら、一戸建てにするのか分譲マンションにするのか、というところで大きく悩む。
分譲マンションの良さは、たくさんある。
賃貸マンションと比べても、金額的には、ローンを組めば月々の支払いは賃貸マンションとさほど変わらない。
もちろん、どの程度のものにするかというところだが、同じ程度のマンションで分譲と賃貸でも、さほど大きな差はない。
それでもって、分譲マンションは自分の家として、気を使うことなく色々アレンジしたりすることもできる。
そう考えると、分譲マンションも悪くない。
分譲のマンションは、駅などの近くに位置する都市型から郊外型まで色々あるため、選択肢の幅も広がる。
ちょっと賑やかなところから離れて暮らしたい時は、都会の中でも極力郊外を選らんだり、もし何よりも利便性を追求するのであれば、都市型のマンションタイプ、駅に近いところを選べばいい。
私なら、間違いなく駅に近い便利なところを選ぶ。
郊外と都市型では、もちろん同じ広さ、間取りであって、金額には大きな違いが出てくる。
駅からの距離が遠ければ遠いほど、安くなる。
結局、同じところに長く住むことが決まっているのなら、賃貸マンションで毎月家賃を払い続けるより、思い切って分譲マンションを購入し、ローンを組み、月々返済していくというのでも同じだろう。
ただ、分譲マンションの場合、気持ち自分のマンション、というどこか安心できるものになる。
これは、一戸建ての場合も同じことが言えるのだが、デメリットとしては、年が経過するにつれて、もちろん購入時に新築であったマンションも、月日の経過に伴い古くなっていく。
周りでは、次々に新しいマンションが建っていくけれど、そう簡単に乗り移ることはできない。
ローンを組めば、残債は残るだろうし、そう新しいものを追い続けることはできない。
しかし、マンションのいいところは、駅の近くなどの立地の良い場所を購入した場合には、いつの時代にも需要はある。
最悪、住まなくなった場合には、誰かに貸すということも可能なのだ。
万が一、郊外に一戸建てを購入してしまったら、なかなかその場所の一戸建てを借りたいという人は現れない。
しかし、駅の近くのマンションであれば、仕事の都合で一時的に引っ越してきた家族など、必要とする人はいるはずだ。
人それぞれ住処に求めるは違うだろうが、私は、立地のいいマンションを選ぶのは間違いない。
Copyright (C)2022優先順位を定めることがカギ.All rights reserved.